ファッションレンタルについて

ファッションレンタルのデメリットは?損をしない方法とは?

色々な服が試せて、クリーニング不要なファッションレンタルサービスは、服選びに悩む女性の救世主です。

しかし、実際に利用して後悔する人人がいるのは事実…。この記事ではファッションレンタルで損をする理由と対策を紹介します。

損か得かは人によって違う

ファッションレンタルサービスには、向き不向きがあります。たとえば、色々なオシャレにチャレンジしたい人、服が増えるのが嫌な人なら、後悔することはないでしょう。

ただし、月額制のファッションレンタルは、利用している限り費用が発生します。支払うのが大変になり、やめてしまったという方は意外と多いのです。

洋服の購入にかけているお金と、ファッションレンタルの料金を比べてみること。レンタル料のほうが高くなるようなら、損をしてしまう可能性は高くなります。

後悔しないために!デメリットを把握しておこう

基本的にファッションレンタルサービスの服は中古品です。サービスによっては少しボロいことも…。古着に抵抗がある人だと嫌な思いをしてしまいます。

いくら借りても手元に残らないので、気に入った洋服を手放さなければなりません。クリーニングは不要ですが、破損や酷い汚れは買い取りや弁償になるので注意しましょう。

また、スタイリストに選んでもらう洋服だと、センスが合わないこともあります。

結局着ないまま返してしまったとなると、すごくもったいない気分になりますよね。

自分向けのファッションレンタルを選ぼう

取り扱っている洋服やサービス内容は、ファッションレンタルによって大きく違います。自分に合ったサービスを見つければ、損をすることはありません。

・自分で選ぶかスタイリストが選ぶか
・月額は無理なく支払えるか
・服のテイストやブランドをチェック
・新品のみのサービスか古着か
・枚数が決まっているか借り放題サービスか
・そのまま買い取りがOKなのか

6つのポイントをチェックすれば、自分に合ったファッションレンタルが見つかります。

徹底的に情報収集をしてから、利用するサービスを選んでください。